わが家で子イヌを飼うことになりまた世話をする忙しさと心配が出来てしまいました

わが家で子イヌを飼うことになりました。これは先日妻が娘と孫娘の3人で買い物に出掛けてペット屋さんで購入したからです。犬種はチワワで、クリーム色のロングコートという種類です。この日娘たちとペット屋さんへ出向いていた妻から可愛い子ネコがいるので飼ってもいいか?と突然の電話がありました。私はネコが何故か性に合わないというか苦手なのです。それを十分承知のはずの妻からの電話だけに一瞬驚きました。これまでもいろんなペットを飼ってきました。犬、セキセイインコそれにモルモットなどです。このようなペットを飼っていると、一泊の旅行などへ出掛けるのが難しく困ったことがあったのですが、そのことを妻は忘れてしまったのでしょうか、私は即座にネコだけはダメ、イヌならいいよと言ってしまったのです。どうもこれが妻たちの作戦だったらしく、私の嫌いなネコを口実にしてイヌを購入することに成功したと後で話していました。その日の夕方妻たちは子イヌを連れて、笑顔で帰宅してきました。新しいケージに入れられた子イヌは、生後2ヶ月という小さな子イヌでした。これは今から躾けが大変だということがまず頭の中に浮かびました。躾けや世話については同居している孫娘がすることを約束して購入したらしいのですが、孫娘が会社へ出勤している間は私たちが世話をしなければならないのです。どうも孫娘が子イヌ購入の主導者だったようです。私も妻も70才を超えてしまいましたので、子イヌの全ての世話をすることは大変だと思います。ただ車で自由に外出出来る私は別にして、家に籠りがちの妻にとって子イヌの世話が少しでも心の癒しになればいいがと願っています。tbc スーパー脱毛 顔 料金