スマートフォンを購入するときの別売り商品について

友人のスマートフォンが、電源が入らなくなってうんともすんとも言わなくなった。
そのため、新しくスマートフォンを買い替えたのだが、普段は温厚な友人が珍しくぼやいていた。
いわく、「なぜ高いお金を払って、また充電器が別売りなのだろうか」と。

言われてみれば、昔は携帯料金が安かったものだが、今は本体も高ければ使用料金も高くなっているように思う。
MM総研というところが出しているデータによると、月の携帯代は平均で6千円を超えるという。
そして、スマートフォン本体の値段は、7〜9万円が平均だという。このデータを見ると、確かに高い。
そこにスマホカバーや充電器も別で購入しなければならないとなれば、文句の1つも出るだろうと確かに思った。

たとえば長期ユーザーに関しては、初期オプションで充電器やスマホカバーをつけることができるというサービスがあってもよいのではないだろうかと友人と話していた。
充電器をすでに持っているという人用に充電器がついていないバージョンのものと、充電器ありの2パターンくらい用意をしておいて、客に選んでもらえばいい。
携帯会社にも言い分はあるのかもしれないが、私自身、長期ユーザーなのにそれに対するサービスがまるでないと感じることのほうが多い。
新しいユーザー獲得も大事かもしれないが、長期ユーザーのためのサービスも考えなければ客は離れていく一方である。脱毛ラボ カウンセリング