ニックネームという方法について私なりに真剣に考えてみた

こちらは20代くらいまで自分の氏名が全然好きではありませんでした。そのため睦まじい同僚からでも下の氏名より苗字で呼ばれることを望んでいました。理由は如何にもマミーらしき氏名が不快だったからだ。こちらはマミーなので、だったらマミーらしき氏名で良いではないかと思うユーザーもいると思いますが、当時のこちらはそれが思い切り不快だったのです。
しかし氏名というのはその人の最良身近な護符であるという講話を聴き、こちらは考え直しました。さらに本当のことを言うと、その講話を訊くちょっと前から「自分の氏名を嫌がるのは、自分のライフにとって良くないのではないか」とたまたま察するようになっていたので、何だかおすすめ状況でした。
護符というのは大事にして当然の物なので、氏名がその人の護符だというのなら堂々と誰に気兼ねすることなく大事にすることができます。却ってここを否定することは自分の否決だけにとどまらず、産んでくれた親や、個々というものを作ってくれたいわゆる大神的側までも否定することにつながるのではないかと思ってしまいました。ミュゼ100円だけ