西武ライオンズが180億円を掛けてボールパーク化するそうです。

埼玉西武ライオンズが180億円程掛けて若手の寮や球場に新しい施設、2軍練習場の改良などをするそうです。今まで西武ライオンズの寮は老朽化や収容人数不足などが言われていましたが、ついに改善に乗り出すようです。更に2軍の練習施設の改良わする事で西武の若手にとって成長を促し、球団の戦力強化、そしてひいては日本の野球のレベルの底上げにも繋がりそうです。今まではソフトバンクが3軍を導入し、設備を新しくしたというような事と真逆の存在として比べられていましたが、これで西武の面目も保つ事が出来るのではないでしょうか。そして現在でも強い球団が多いパリーグが更にハイレベルとなり、セリーグもうかうかしていられないと思います。こういった景気のいい話はやはりいいですね。そして野球の質だけでなく、ファンサービスの部分も同時に強化するという事なので、単純に西武ファンを中心としたプロ野球ファンにとって、嬉しい話だと思います。これを機に入場者数が増えたりして更に盛り上がるといいですね。