近くにある国道はなるべく避けていたという話です。

家の近くに大きめの国道があります。トラックがビュンビュン走っていて自転車では恐ろしい感じの道です。一応ガードレールがある歩道が整備されているので、人が歩くことも自転車で走ることも出来るのですが、私は避けていました。排気ガスもスゴイですし、トラックのスピードも速い、そして道路わきに退避できる場所がないのです。退避出来る場所とはコンビニなどのことです。その国道は両サイドが防音壁に囲まれていて、まったく余分なスペースがないのです。極め付きは途中でガードレールの歩道が無くなっています。もう徒歩では無理です。法的にはセーフなのかもしれないですが、トラックにひかれるリスクが高いです。自転車でも通っている人も見たことが無いのです。あえてその国道を通ってショートカットする必要も無いので車に乗るとき以外は私は自然に避けていました。今日、その国道沿いを自転車で走ると防音壁の外側に私道のような細い道を発見しました。地元の人はここを通っていたのかと思いました。というか、私も地元民です。漢方 ダイエット サプリ